スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

統合等を含む組織の再編成

JUGEMテーマ:人生論



ですから安定的ということに加えエネルギッシュな新しい金融に関するシステムの実現のためには、民間金融機関や金融グループと行政(国)がお互いの解決するべき問題に精力的に取り組んでいかなければ。
すでにわが国にある銀行等は、早くから国際的な規制等が強化されることも見据えながら、財務体質を一層強化させること、あるいは合併・統合等をも取り入れた組織の再編成などに精力的に取り組んでいます。
MMF(マネー・マネジメント・ファンド)とは、公社債や償還まで1年以内の短期金融資産で主に運用される投資信託のことを言うのである。気を付けよう、取得後の定められた期間(30日未満)に解約の場合、その手数料には罰金分も必要となることになる。
知らないわけにはいかない、バブル経済(日本では昭和61年からが有名)の意味は時価資産(例:不動産や株式など)の取引価格が過度の投機により本当の経済の成長を超過したにもかかわらず高騰し続け、最後は投機によって持ちこたえることができなくなるまでの経済状態を指します。
MMF:公社債や短期金融資産(償還まで1年以内)で運用して利益を求める投資信託のことを言うのである。もし取得から一定期間(30日未満)に解約するような場合・・・これは手数料にペナルティ分も必要となるのである。
知ってますか?外貨預金とは、銀行で扱っている運用商品のことであって、米ドルなど外国通貨で預金する商品の事。為替の変動によって発生した利益を得ることがある反面、同じ原因で損をするリスクもある(為替リスク)。
なじみのあるバンクはイタリア語のbanco(机、ベンチ)という言葉が起源である。ヨーロッパで最も歴史のある銀行⇒600年以上も昔、15世紀の頭に当時のヨーロッパで台頭していたジェノヴァ共和国で誕生し、政治的にも重要だったサン・ジョルジョ銀行である。
有利なのか?タンス預金。物価上昇(つまりインフレ)の局面では、その上昇分相対的に価値が目減りする。だからすぐには生活になくてもよい資金は、タンス預金よりも安全性が高くて金利も付く商品に変えた方がよいだろう。
保険とは、突如発生する事故が原因で発生した財産上の損失に備えるために、よく似た状態の多数の者がわずかずつ保険料を出し合い、集めた積立金によって不幸にも事故が発生した者に掛け金に応じた保険給付を行う制度ということ。
簡単、外貨MMF⇒日本国内において売買が許されている外貨商品の名称(マネー・マーケット・ファンド)。外貨預金と内容を比べると利回りがずいぶん高いうえ、為替の変動によって発生する利益が非課税というメリットがある。証券会社で誰でも購入可能。
なじみのあるバンクという単語は実という単語はイタリア語の机やベンチを意味するbancoに由来している。ヨーロッパ最古といわれる銀行には驚かされる。600年以上も昔の西暦1400年頃に現在のイタリア北部のジェノヴァで生まれたサン・ジョルジョ銀行であるという。
西暦1998年6月に、大蔵省(現財務省)銀行局や証券局等の所掌していた業務のうち、民間金融機関等の検査・監督事務のセクションを分離・分割して、旧総理府の内部部局ではなく外局のひとつとして新組織、金融監督庁を発足させたのが現実です。
つまりペイオフって何?唐突な金融機関の経営破綻による業務停止という状況の場合に、金融危機に対応するための法律、預金保険法の規定によって保護できる預金者(自然人又は法人並びに権利能力なき社団・財団)の預金債権)に、預金保険機構が保険給付として預金者に直接支払を行う制度を指します。
格付け(ランク付け)のよいところは、わかりにくい財務資料を読みこなすことが不可能であっても格付けによって金融機関の財務状況が判別できるという点にあり、ランキング表を使えば複数の金融機関の健全性を比較することもできます。
平成10年12月、総理府(省庁再編後に内閣府)の外局として大臣を組織のトップである委員長とされた新しい組織である金融再生委員会を設置し、金融監督庁(民間金融機関等の検査・監督)は平成13年1月の金融再生委員会廃止・中央省庁再編までの間、その管理下に2年以上も組み入れられたことになる。

スポンサーサイト